一目おかれる職務経歴書の書き方!

最初の難関です

どんな職種であっても、魅力的な求人には人が集まります。
そうなると、どうしても、その求人の就職するのは難しい事になります。
そもそも、人事担当者が一人一人の書類選考にかけられる時間は非常に少なくなってきてしまうものです。
そうなると、いかに魅力的な、読み進めたいと思う履歴書、職務経歴書を書いておく必要があります。
一工夫が必要なんです。

まず、アピールポイントはなるべく先頭に持ってくるようにしましょう。
実績、保有資格、自己PR、志望動機などです。
とはいえ、いきなりアピールポイント→自身の経歴となってしまうとアピールばかりのうるさい職務経歴書になってしまいますので、臨機応変に対応するようにした方がいいと思います。
また、就職するときの当然の策なんですが、応募条件を意識した職務経歴書にしてくださいね。
就職活動をしていると、いくつかの募集先に応募することになるかと思いますけど、そのため、一つ一つの応募先に準じた内容にしていくことはとても面倒なことではあります。
だからといって、いかにもコピーしただけの職務経歴書だと、まちがいなく失敗しますので。
応募職種とのつじつまがあっていないなんて事になると、間違いなく書類審査を通過することは不可能になってくるのは、誰もがわかることですからね。
よく、面接に赴くときの履歴書、職務経歴書などをコピーして使いまわしている人がいますけど、それがご法度である事も理解しておいてください。
求人を出した側にかなり失礼な事になりますので、注意してください。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加