一目おかれる職務経歴書の書き方!

活躍できるフィールドがたくさんです

最近、薬剤師が人気です。
というのも、かなり幅広いフィールドで活躍できるからなんです。
薬剤師の仕事といえば、病院、薬局、ドラッグストア、製薬メーカーといった医療系の企業だけではなくて、医薬向け出版社での編集業務なども募集しているなど、かなり多岐にわたった多くの企業への就職が可能になってくるんです。

薬剤師の求人に対するアプローチですが、まずは、携わった業務や知識・技能などをできるだけ具体的にアピールしていくのは前提です。
また、どの科目の薬を調剤する事が多かったかも重要です。
勤務したい場所がドラックストアである場合は、調剤業務以外にも、在庫管理、受発注、レセプト、店頭販売などの経験を記載しておくといいですね。
実際に、ドラックストアに就職する事になると、一般の店員さんと変わらないような仕事をすることになりますので。
それに加えて、部下への指導経験などがある場合はアピール要素になると思います。

実は、薬剤師=病院で働くという図式は、最近では瓦解しているといえます。
大きな総合病院でも、院外処方箋を推奨しているケースがほとんどですからね。
という事で、薬剤師に人にも最低限以上のコミニュケーションスキルというのが必要になってきます。
薬を調剤しているだけではすまないのですね。
レジ打ちなども業務の対象になりますので。
そういう点では、1日どれくらいの人を相手にしてきたかというのも大事になってくると思いますよ。
これからの薬剤師さんには、窓口業務をいかに上手にこなすかも大事になってくるんです。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加