一目おかれる職務経歴書の書き方!

経験がなくてもOKです

最近の若い人は、新卒で勤め始めた会社を以外に簡単に辞めると聞いた事があります。
その目安は3年くらいなんだそうです。
昔から、新人が会社にとってプラスになるような存在となるのに3年掛かるなんて話を聞いた事がありますので、一人前になったとたんに別のキャリアを歩み始めてしまうという事なんですね。
企業にとってはたまらない事です。

就職する方にしても、経験がない=始めての転職であるケースが多いので、戸惑いますよね。
書く経歴がそれほどない場合は、角度を買えてアピールする要素を見つける事が大切になってきます。
例えば、これまでどんなポリシーで仕事に望んできたか、仕事をどうやって工夫してやりやすいように展開してきたかなんて事をどんどんアピールしておきましょう。
少ない経験でも、何かしらの「修羅場」って物を経験しているはずですので。
その時にどう対処したのかって事も大事なんです。
対処の方法遺憾によっては、経験こそ少ないですけど評価されるポイントになってくると思います。

そもそも、仕事における経験というのは長ければいいというわけではありません。
あくまでも「長さ」ではなくて「太さ」なんだと、開き直って就職活動を展開するようにしてください。
あくまでもポジティブな姿勢で臨んでいきましょう。
今の時代、一つの会社でずっと過ごすなんて事なかなかないですので。
ただ、面接などでは大げさに話を広げないと言うのもポイントです。
あまり大げさだと、信用してもらえませんので。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加