一目おかれる職務経歴書の書き方!

理由が明快であればOK

医療系の職場に働きたいと考えている人の中で、「ブランク」を気にしている人は多いはずです。
なにせ、命を扱う職種なので、怖くて就職するのが嫌になってしまうわけです。
また、技術穂進歩が半端ないのでそれについていけないという側面もあります。
そんな自分の現状に自信がもてない人の職務経歴書の書き方を紹介しましょう。

その前に前提として、経歴に長期のブランクがあるとマイナスに診られる事が多いのは覚悟してください。
これはしょうがない事です。
ここでいうブランクとは、一年以上のものを想定していますけど、3ヶ月程度のブランクだって怖い人もいますからね。
仮に、結婚、出産、育児なんてイベントが重なると数年間は見ておかないといけません。
そこで、ポイントになってくるのが、「一身上の理由」で片付けるわけではなく、なるべくポジティブな理由を記載する事なんです。
本当は育児をしていただけだとしても、次の仕事に向けての休養と表現を変えるだけで、面接官のイメージって結構変わります。
いくらかマイナスイメージを払拭する事も出来るのですよ。
資格取得のための勉強期間、病気のため(現在は完治)と言うような表記もいいですね。
まぁ資格取得のための期間というのであれば、何かしらの資格を取得しておかないといけないのですけどね。

これは、「書き手のテクニック」次第なんです。
書き方一つで読み手の印象も大きく変わるという事を意識して置いてください。
また、ブランクがある事を実際に聞かれたときは、徐々に慣れて活きたい旨を伝えるようにしてください。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加