一目おかれる職務経歴書の書き方!

独特の業界です

医療業界の中でも、独特なのが臨床開発の世界です。
というのも、基本的に目の前の患者に対していろいろな対応を行っていく事が医療業界の基本線なんですが、臨床開発の場合は、製薬会社が開発した新薬を厚生労働省に医薬品として承認・認可してもらうために行う申請手続きを担うと言う職業だからです。
つまり、これから世の中に流通するであろう薬の申請を行うと言う職種になるわけですね。
かなり責任重大な仕事になります。

臨床開発業界への就職は、新薬申請の手続きの一連の流れを経験しているかどうかが大事になっています。
まぁ全てを把握していなくても、ひとつのフェーズを繰り返しやってきた経験があるだけでもOKなど、企業によっては着眼点が違っている事がポイントです。
つまり、どの会社に応募するかという事も大事になってくると思います。

このことからも、臨床開発の職務経歴書は、専門知識や業務経験をできるだけ幅広くかつ詳しく記載するのが大切だといえます。
具体的な名称や数値のみでなくて、CROなどの機関とどれくらい関与してきたのか、臨床試験の立案、施設選定、モニタリング、治験総括報告書の作成など主に携わった部分を具体的に記載することが大切になってきますよね。

今後、新薬の開発というのは、社会的な意義を伴う仕事になってくると思います。
その意義を感じる事ができる。
単なる書類生理の仕事ではない事をきちんと理解している人が、臨床開発業界に就職できる人なのではないかと思います。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加